スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Helloween - 7sinners

2010
12-12
7シナーズ7シナーズ
(2010/10/27)
ハロウィン

商品詳細を見る



1. Where The Sinners Go
2. Are You Metal?
3. Who Is Mr. Madman?
4. Raise The Noise
5. World Of Fantasy
6. Long Live The King
7. The Smile Of The Sun
8. You Stupid Mankind
9. If A Mountain Could Talk
10. The Sage, The Fool, The Sinner
11. My Sacrifice
12. Not Yet Today
13. Far In The Future


ドイツ出身の大御所メロディックパワーメタルバンドHelloweenのスタジオ録音15作目の作品となる7 Sinnersのご紹介。

Helloweenがアルバムリリースを発表する毎に今後の方向性はどうなるんだろうとワクワクする。Sascha Gerstnerの加入以降、個人的には前作、前々作と、バンド全体の方向性を模索しつつも、楽曲的には完成度も非常に高くかつ、ファンの期待を裏切らない作品となっていたので、今回は非常に楽しみであった。

全体的な感想としては、モダンすぎず、キーパーキーパーしすぎずと言ったところで、コレが今のHelloweenを表しているのかなと思うと納得できる。ここ最近の作品と比較するとハイスピードな曲とハイトーンの曲が若干増えたかな?というような印象を受ける。

また、10分超えなどの大作も収録されていなく、それぞれの曲を比較的均等に楽しむことができる。個人的には10分超えなどの大作も大好きではあるが、アルバム全体を通して聞いてしまうとやはりそっちに目が行ってしまい、他に収録されている曲が素晴らしいのにも関わらず色あせてしまう気がする。

Keeper時代の印象が強いためか、アルバムをリリースする旅に、 「Keeper時代の方が良かった。」「Andi Derisのハイトーンが物足りない」「もっとスピード感のある曲が欲しい」などのレビューを目にすることが多いが、それを今のHelloweenに求めるのは少し違う気がする。(事実、私も5年程前まではそのような考えに固執していたので、そのような考え方も十分理解できる。)

時間も経てばメンバーも変わる。また、年も取るので考え方も変わる。バンドのメンバーはその時点で彼らにとって最も心地よく、最高の作品をリリースしてくるという事を頭の片隅に置いておいた方がいいのかなと思う。

それでは、10曲目に収録されているThe Sage, The Fool, The Sinner をお楽しみください。

The Sage, The Fool, The Sinner


お役に立ちましたらポチっとお願いします。。。拍手とあわせて押して頂けますと、更新の励みになります。。m(_"_)m
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
FC2 Management

Galneryus - RESURRECTION

2010
10-11
RESURRECTIONRESURRECTION
(2010/06/23)
GALNERYUS

商品詳細を見る


1. UNITED BLOOD
2. BURN MY HEART
3. CARRY ON
4. DESTINATIONS
5. STILL LOVING YOU
6. EMOTIONS
7. SAVE YOU
8. A FAR-OFF DISTANCE
9. FALL IN THE DARK
10. DESTINY
11. THE ROAD GOES ON

日本を代表するメロディックパワーメタルバンドGalneryus(ガルネリウス)の6th。バンドとしてはメンバー間で色々あった後の復活作とでも言える。
ファンにとっては、これからGalneryus(ガルネリウス)はどうなってしまうんだろうとドキドキものだったのでは無いだろうか。

前作までのVoであるYAMA-Bが脱退し、今作より加わった小野正利。バンド内ではSHOと名乗るっている模様。

全体感として音楽の方向性とは大きく変わらず、今まで通りのGalneryus(ガルネリウス)節が健在であるものの、新しいヴォーカリストの加入により、今までのYAMA-B節が無くなり、小野正利(SHO)のテイストが全面に出た感じの印象を受ける。小野正利(SHO)の声質はハイトーンが素晴らしく美しいのだが、少しヘヴィーメタルには線が細いかなといった感じを受ける。YAMA-B在籍時代と比較するとGalneryus(ガルネリウス)と全体的に「優しく角が無くなった」イメージがある。ただし、演奏についてはSyuのギターがいつものように活躍しており、今までのファンを安心させている要素にはなっていると思う。インストだけを聴くと今までの、Galneryus(ガルネリウス)と何ら変わりない。

個人的な意見としては、今後小野正利(SHO)Galneryus(ガルネリウス)に慣れ、歌い方も少しずつアレンジしてくる事を期待し、次回以降の大きな飛躍に期待したい。1st~3rdにあったような、少々攻撃的なGalneryus(ガルネリウス)ももう一度見てみたいものである。

今後SyuGalneryus(ガルネリウス)をどんな方向にもっていくかがもの凄く興味がある。

それでは、6曲目に収録されている「EMOTIONS」のインストトラックと、2曲目に収録されている「BURN MY HEART」をお楽しみください。

「EMOTIONS」



「BURN MY HEART」



お役に立ちましたらポチっとお願いします。。。拍手とあわせて押して頂けますと、更新の励みになります。。m(_"_)m
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

Dragon Guardian - 真実の石碑

2010
09-19
真実の石碑真実の石碑
(2010/07/21)
Dragon Guardian

商品詳細を見る


1. 魔神覚醒
2. 四英雄伝説
3. 聖十字学園
4. 漆黒の将軍レギウス
5. 裏切りのユリア
6. 商業国家ウェールズ
7. 永遠の剣
8. 砂漠の餓狼
9. 第二次魔神聖戦
10. 真実の石碑


知る人ぞ知る、日本の激メロディックパワーメタルバンドDragon Guardianの4thアルバム「真実の石碑」から。

前回の3rdアルバム発売から1年強。マニアの間では熱烈なファンを掴んでおり、次作を楽しみにしていた人も多かったに違いない。(私もそんな中の一人である。)

今回もいわゆる、Dragon Guardian節は健在であり、やはり恥ずかしくなるほどのギターの泣きメロに加え、ドラムのツーバス、ヴォーカルのFUKIの安定感のあるハイトーンヴォイス。これに加え、今回の作品では透き通るクワイアも加わり、総合的には前作よりパワーアップしている感もある。

前回のレビューでも言及したように、やはり、Dragon Guardianの音楽は、ゲームFFやドラクエ、ロマサガなどの音楽を彷彿させる。歌詞も冒険的な意味合いも含まれており、さらに日本語で歌われているために、我々日本人にはすんなりと意味まで理解できる。

また、CDのジャケットや歌詞が日本語のため、すぐに理解できることから、「アニメやゲーム好き向けの音楽だ」、「オタク向けだ」とかの先入観や、メタルになるには、「ギターソロが欲しい」とか批判的な意見も多く見られるが、私個人の意見としては、世間の偏見にとらわれることなく、彼ら自身の世界観を貫き通して欲しいと思う。個人的には、オーディエンスの評判を気にする音楽ではなく、Dragon Guardian(勇者アーサ)の世界観をこれからも全面に出してくれることを切に願う。

Dragon Guardianの音楽はずっと聴いていると、なんだか元気をもらえる気がする。「おっしゃ!がんばろーって。」(こんな気持ちになるのは私だけかもしれないが・・。)

演奏技術が高いのは言うまでもなく、今後も十分に期待できる。バンド自体の今後の身の振り方についても大変興味深い。

日本発で、是非大きくなって欲しいバンドのひとつである。


がんばれ、Dragon Guardian!応援してます!

それでは、3曲目の【聖十字学園】と【砂漠の餓狼】をお聞きください。

【聖十字学園】




【砂漠の餓狼】



お役に立ちましたらポチっとお願いします。。。拍手とあわせて押して頂けますと、更新の励みになります。。m(_"_)m
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

Sinbreed - When Worlds Collide

2010
05-04
ホウェン・ワールズ・コライドホウェン・ワールズ・コライド
(2010/03/24)
シンブリード

商品詳細を見る




1. Newborn Tomorrow
2. Book of Life
3. When Worlds Collide
4. Dust to Dust
5. Infinity's Call
6. Through the Dark
7. Enemy Lines
8. Room 101
9. Arise
10. Salvation

出身国:ドイツ

Herbie Langhans - vocals
Frederik Ehmke – drums
Flo Laurin – guitars
Alex Schulz – bass

ドイツ出身の最近では珍しい、男くっさ~いメタルを展開しているバンドSinbreedより ”When World Collide”のデビューアルバムの紹介。

ボーカルに、Seventh AvenueHerbie Langhans、ドラムにBlind GuardianFrederik Ehmkeというパワーメタル系の有名バンドのメンバーを従えているところからも、どんな楽曲を展開しているか、ある程度想像はできた人もいるのではないだろうか?

冒頭に「男くっさ~い」と書いてしまったが、Herbie Langhansの声質及び歌い方が、そのようなイメージを持たせているだけで、楽曲全体としては、テクニカルかつメロディックなギターやキーボードなどの見せ場もしっかりしており、楽曲によってはプログレチックな展開も見せている。総じてMelodic Power Metal が好きな方にはすんなり入っていけるバンドかもしれない。

今ハヤリ?のハイトーンボイスではなく、それほど目立って楽曲が速いというわけではないが、確実に要所要所に聴かせどころはある。かえって、このように派手すぎないバンドのほうが飽きがこなかったりして。個人的には、聴けば聴くほど味が出てくるバンドかもしれないと思っているので、当分は聞き続けようと思っている。

私自身、最近、Seventh Avenueから遠ざかってしまっていて、確かなことはいえないが、
第一印象としては、Seventh Avenueより、今後化ける可能性があるのではないだろうか?って思ってしまった。。。

それでは、2曲目に収録の”Book of Life”と5曲目に収録の”Infinity’s call”をお楽しみ下さい!

Book of Life



Infinity’s call




お役に立ちましたらポチっとお願いします。。。拍手とあわせて押して頂けますと、更新の励みになります。。m(_"_)m
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

Gamma Ray - To the Metal

2010
02-21
トゥ・ザ・メタルトゥ・ザ・メタル
(2010/02/17)
ガンマ・レイ

商品詳細を見る


1. Empathy
2. All You Need To Know
3. Time To Live
4. To The Metal
5. Rise
6. Mother Angel
7. Shine Forever
8. Deadlands
9. Chasing Shadows
10. No Need To Cry
11. One Life
12. Wannabees (Bonus tracks)


出身:ドイツ
【メンバー】
* Kai Hansen - vocals, guitar
* Henjo Richter - guitars, keyboards
* Dirk Schlächter - bass, vocals on "No Need to Cry"
* Dan Zimmermann - drums

【ゲスト】
* Michael Kiske - vocals on "All You Need to Know"


ドイツは、ハンブルグ出身のメロディックパワーメタルの生みの親と言っても過言ではない、Kai Hansenの率いるバンド、Gamma Rayがデビュー20年目にして、10作品目のアルバムをリリース。その名も【To the Metal】のご紹介。

Kai Hansenと言えば、メロパワ系?メロスピ系?の音楽を聞いている人または、ヘビーメタルと大きくくくったとしても、名前は一度くらいどこかで聞いたことはあるのではないだろうか?上述した通り、今のメロディックパワーメタルの原型となるものを25年程前に確立した人である。

そんなメロディックパワーメタルの生みの親が率いているバンドがGamma Rayであり、今や既に有名バンドへとなりつつある、Heavenlyであったり、Sonata Arcticaなどについては、モロに影響を受けたバンドと言っても間違いはない。

すでにGamma Rayから影響を受けているバンドが世に出てきてかつ、有名になりつつあるということは、20年という歳月を一言で語ってしまうと、何か寂しいものがある。長くなってしまうので、あえて過去の歴史については紹介しないが、もちろん、様々な歴史を積み重ねての20年であることは皆様も承知のうえだろう。

さてさて、前置きはさておいて、本題のアルバムですが、やっぱりGamma Rayですね!っていう曲が多い!Gamma Rayの曲でとても特徴的なのは、どの曲にも、Gamma Rayっぽさが織り込まれていて、それを20年間変わらず続けることに本当に頭が下がるばかりである。

2曲目については、あのHelloween在籍時にKeeper of the seven keys時代を共に過ごしたMichael Kiskeがボーカルとしてゲスト参加している。

Gamma RayというとKai Hansenのボーカルについて、否定的な意見を目にすることがよくあるが、私個人的には、Kai Hansenの声が大好きであり、KaiだからGamma Rayっぽさが全面に出てきて良いのではないだろうか?と思ってしまう。もちろん、Ralf Scheepersの安定感抜群の声質もすきであったが。。

今回のアルバムについても、Kai Hansenは下記の様に語っており、

「本作に収録されている曲は、良い意味でのキャッチーさを意識し、尺はやや短めに作った。
そして自分たち自身とオレたちの典型的なカラーを排除することなく、伝統と現代の間の橋渡しとなるようにトライしたんだ」

タイトルの「TO THE METAL」とは、
Cheers to the Metal(メタルに乾杯!)と、Pedal to the Metal(アクセル全開)というダブル・ミーニングを持つ。

周りの流行や評判に左右されずに、彼らの今までのコンセプトを維持し続けながら、ファンの心をガッチシつかみながら、また未来へと挑戦していく姿が伺え、自然と応援したくなってしまう。

さてさて、前置きが長くなりましたが、アルバムの中で私が一番Gamma Rayっぽいと思った曲【Rise】Michael Kiskeの参加している【All You Need To Know】をお楽しみください!!!

Cheers to the Metal!!! 
Stay on Melodic Power Metal!!

【Rise】




【All You Need To Know】




お役に立ちましたらポチっとお願いします。。。拍手とあわせて押して頂けますと、更新の励みになります。。m(_"_)m
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ


プロフィール

Author:jps-masa
メタル歴10年。特にMelodic Power Metalには目がなく、ツボな曲を見つけてしまった際には、思わずガッツポーズを取り、ニンマリと笑ってしまう奴です。

当ブログはリンクフリーとなります。よろしくおねがいいたします!

ブログ内検索

カウンター

アンケートフォーム

サービス向上のため、アンケートを設置させていただきます。ご協力のほどよろしくお願いいたします。

ランキング

お役に立ちましたら、ポチっとお願いします。

ランキング blog ranking にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
bnr.gif 88x31b.gif blogram投票ボタン 音楽広場 ブログランキング TREview

FC2カウンター

最近の記事

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。